本文へスキップ

変形性膝関節症の三島治療院 東京都・世田谷区 < 東急大井町線> 尾山台駅 徒歩4 分

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-3704-8691

9:00〜18:00 (定休日: 月/火/祝日)

当院ご案内clinic guide

院長ごあいさつ

院長写真

当院の院長、施術を担当させていただきます、鍼灸指圧師の三島です。
私が多くの膝痛の方々を見てきて思うのは、「ひざの痛み」「変形性の膝の関節症」に対して、「年のせいだから・・・」
とあきらめている方が多い、ということ。
また、病院で「手術」しかないと言われて、「それはイヤ!怖い!」と思っている方が多いですが、ということです。

ひざの痛みは、年のせいではありませんし、
膝が悪くなる原因は膝にはない、ということが私の施術への想いです。
そもそも膝は、とても優秀な関節なのです。
他の関節にはない分厚い軟骨性のクッションで守られ、丈夫な靭帯や強力な筋肉に囲われています。  ですから、膝の内側の軟骨が、年のせいで自然にすり減ったり、変形してダメになるわけではありません。
その反対に、膝は、○○のせいによって、不自然にすり減らされ、変形させられているのです。
つまり、膝は、「○○の被害者」というわけです。
では、膝に被害をもたらした加害者=○○とは、何か?ということになりますね。

膝は、歩くための「下肢」というグループの中間にあって、足と骨盤の間に挟まれています。
・膝の関節は、少ない骨からなりますが、
・足と骨盤の関節は、膝よりたくさんの骨で複雑につくられています。

足や骨盤の関節が比較的健全である方は、年をとっても、その中間にある膝は健康でいられると思います。
それに対して、膝の上と下にある足や骨盤の関節環境が歪むと、年齢に関係なく、その影響は「下肢」というグループの中間にある膝に集まり、膝を歪ませて軟骨を不自然にすり減らさせたり、
変形させたりするように思います。
つまり、ひざの痛みや変形の本当の加害者(原因)は「年齢」ではなく、膝の下や上にある、
足や骨盤の関節の歪みなのです。
したがって、できるだけ早期のうちに、足や骨盤の関節の歪みを見つけ、消すことが大切なのです。

ですから当院では、膝よりも、むしろ膝の上と下、つまり、足と骨盤の歪み探しを懸命にします。
そして、足と骨盤の歪みを無事に解消することが、変形性の膝の痛みの根本的な施術であると考えて、 成果を挙げてまいりました。

とくに、足の歪みの解消法は、従来の足底板やサポーターでは満足のいく結果が得られなかったので、 一から独自に研究しなおしました。

そして、国から特許までいただいた独自のサポーターを使った「ひざの施術」で、 他の所では解決しなかった「ひざの痛みを」、「痛くない無痛施術」にこだわって追究し、 多くの方に喜んでいただいております。
そして、全国で2,500万人ともいわれている、 「ひざの痛み」でお悩みの方のお役に立てればと思っております。

ぜひ一度、当院独自の「ひざの施術」を試していただき、「痛みなく歩ける喜び」を感じてみてください!
あなたの来院を、心よりお待ちしております。


三島治療院の特徴

  • 変形性膝関節症に対して、足や腰からアプローチする
    【変形性の膝の痛み】に対して、局所対処療法で緩和しない方の場合、足や腰の歪みが隠れていることを6年ほど前に気づきました。そして、変形性の膝の痛みに対して、従来の方法や器具とは異なる独自に開発した施術方法と施術器具を用いることで、高い成果をあげております。特に足のサポーターに関しましては、特許を取得いたしました。
  • 【痛みの緩和と、動きやすくなる】ことを実感できます
    当院に来院される方は、さまざまな膝のケアを受けてきた方々が多いのですが、
    当院に来られた90パーセント以上の方が、1回目の施術で膝の痛みや動きで良い変化を感じていただいております。
  • 施術の前に、状況を説明し、その施術の方針をお伝えします
    まずは質問票をもとに、膝の症状や痛くなったいきさつなどを、詳しくお伺いします。
    そして、膝や腰、足の動きなどを独自に開発した方法で詳しく観察し、レントゲンでは分からない膝を中心とした身体の歪み、痛みや変形の根本的な原因を明らかにしていきます。
    そうして状況を説明し、その施術の方針をわかりやすくお伝えします。
  • 通常 土・日も施術をしております
    但し、学会やセミナーに参加する時はお休みさせて頂くことがあります。

    土・日営業は、はたらいている方が通院できるというメリットもあります。
    それにくわえて、年配の方を、働く世代の家族の誰かが車や電車で、
    安心して送り迎えしていただくこともできます。


このような膝痛の方は、ぜひ、当院をおためしください!

● 「変形性膝関節症」と診断され、治療を受けているが芳しくない・・
● ひざに注射をしても、ひざが痛い。
● ひざの痛みの他、ふくらはぎやスネ、足の裏などが疲れやすい。
● ひざだけでなく、腰にも痛みや違和感がある。
● ひざだけでなく、モモや股関節にも痛みや違和感がある。
● 軟骨はきれいなそうだが、ひざの痛みはよくならない。
● サプリメントを飲んでもひざの痛みはあまりよくならない。
● 中敷きをつくってもらったが、ひざの痛みは芳しくない。
● 注射をした時は良いが、またひざが痛くなるの繰り返し。
● 扁平足気味で、ひざに痛みがある。
● 魚の目、外反母趾、爪などの足のトラブルもある。

このような症状でお悩みの方は、一度当院にご相談下さい。


なぜ、当院のオリジナル療法で膝の痛みが解決される方が大勢いるのか?

<当院のオリジナル療法の特長>
・当院は、膝が痛いからといって膝だけに施術をする「局所対症療法」はいたしません。
・変形性の膝の痛みは、膝だけが悪いのではないと考えております。また、一定年齢になると発症するとか、体重のせいでなるという単純なものでもありません。根本原因である足や腰の歪みを検査で見つけ、足や腰の骨のつながりを改善することで、膝の骨のつながりを適正化させることで、痛みを改善します。
・特許取得のオリジナルサポーターを使った施術により効果が自宅に帰っても持続します。
・リピート率98%以上。90%の方が初回の施術で改善効果を実感しています。
・鍼灸の国家資格を保有しているので、東洋医学の知識に基づくノウハウがあります。

<人間工学に基づくオリジナル療法>
当院のオリジナル療法は、整形外科(医学)とは異なる科学的プログラム(人間工学)で構成されているからです。
当院では、人間工学に基づき人の動きを解析し、それにより膝の痛みのオリジナル施術法を開発しました。
医学では、ひざがいたい場合は直接膝に治療をします。
それに対して当院では、人間工学に基づいているため、膝が痛いからといってひざの施術だけをするのではなく、膝の痛みの根本原因である足や腰にもアプローチし、膝の痛みを改善します。

<整形外科の長所>
膝が痛かったら、まず、整形外科へ行って治療してもらう。これは正しい判断(行動)です。
なぜなら、整形外科には膝の皮膚を切り開かないでも膝関節の状態がハッキリわかるレントゲンやMRIなどの最先端の「検査装置」があるからです。そのため、膝の現状を正しく知ることができます。
そのうえ、膝関節症の痛みを緩和する飲み薬や湿布薬、あるいは、膝関節の動きを改善するヒアルロン酸などの注射液などの「治療薬」により、医科学に基づく治療を受けることができます。

<整形外科の短所>
しかしその反面、整形外科で膝関節の痛みが解決されない方が大勢いるのも事実です。
Aという整形外科でダメだったら、Bという整形外科に行くという方が多いようですが、それでは同じ医学に基づく診断と治療を受けるだけで「堂々巡り」になる可能性が高いです。
では、整形外科でダメだったら、どうしたらよいのでしょうか。
それは、整形外科とは異なる科学的な考え方を持ち、整形外科とは異なる施術を受けるほうが、膝関節の痛みから解決される可能性は高まると思います。


是非、当院のオリジナル療法を体感ください。


三島治療院三島治療院

〒158-0082
東京都世田谷区等々力5-3-8
アベニュー等々力2F

TEL 03-3704-8691
FAX 03-3704-8691